先輩看護師のメッセージ

先輩看護師からのメッセージ

~早期回復の支援、そして看護を科学的に探究することを目指して~

5N外科病棟 渡邉 雅哉(NHO埼玉病院歴5年)

5N

私は入職時から外科・乳腺外科・形成外科病棟に配属となり、今年で5年目です。入職当時から急性期看護、クリティカルケアに興味があり、入職2年後からは外科系HCUでの勤務となっています。

HCUに入室する対象者は、消化器外科を中心とし、乳腺外科や形成外科、婦人科、泌尿器科など幅広い領域であり、心身ともに集学的な医療や看護が必要な状態にあります。急激に変化する状況であっても、術後の回復過程を促進しながら、生活の質を少しでも維持向上できるようなアセスメントや、根拠に基づいた質の高い看護を提供できるよう、医師やリハビリ科、薬剤師、栄養士、MSWなどの様々な医療スタッフと協働しながら取り組んでいます。術後の疼痛や苦痛を乗り越え、早期回復を支援できるように、患者さんやご家族の想いに寄り添いながら看護をしています。

高齢であっても全身麻酔下での手術が一般的となっている現状を、より良いものにしたい、学際的な視点で看護の質の向上やエビデンスのある看護を科学的に探求したいと強く感じ、当院の敷地内に設置されている大学院への進学を決めました。同じ敷地内に設置されているため、病棟勤務を続けながら大学院への通学も十分に可能です。働きながらの学びが看護実践での自信とやりがいにつながっています。ほかにも、専門・認定看護師や診療看護師の育成にも積極的であり、周囲には志高く希望している同僚が多く、お互いに高め合っています。ぜひ一緒に働ける日を楽しみにしています。

page top