周産期・小児看護

対応する病棟:3S病棟(小児科・産科・NICU)

 当院は地域周産期母子医療センターの指定をうけています。
 産科病棟での年間分娩件数は約500件で、母体搬送の受け入れも増えており、助産師の活動の場も広がっています。また、助産師としてのスキルアップができるような環境を整え、日本看護協会で提示されている助産師ラダーの申請も積極的に行っています。
 NICUはまだ4床とベッド数は少ないですが、重症新生児にすぐ対応できるよう産科と密接な連携をとり、日々看護にあたっています。また、分娩後、母親は子どもと離れるため、子どもの日々の状態と成長を両親に伝えられるよう成長アルバムなども作っています。
 小児病棟では救急患児の受入れを中心とし、入院中でも子どもの成育を考えた看護を実践しています。埼玉県南西部地域では、小児救急の受入れは当院が一番となっているほか、小児救急看護認定看護師も2名配置しており、小児救急病院としての役割も果たしています

周産期1 周産期2

page top